ごあいさつ

                     
NPO法人栄光ホスピスセンター
理事長 下稲葉康之
(社会医療法人栄光会 栄光病院 理事長・名誉ホスピス長)


 栄光病院では、その開院当初から「ターミナルケア」「ホスピスケア」に取り組んで参りました。そして平成元年、ホスピス緩和ケアの啓蒙・啓発活動を目的に、「栄光ホスピス研究会」(現:NPO法人栄光ホスピスセンター)を発足し、設立当初より、年3〜4回(現在では年1〜2回)の「栄光ホスピスセミナー」を開催して参りました。
 その後、ホスピスセミナーの他に、「グリーフケアワークショップ」、また「レベルアップ栄光ホスピス研修会」「栄光ホスピス実践セミナー」など、さまざまなホスピス研修会を開催、また「オーストラリア緩和ケア研修ツアー」の企画やホスピス緩和ケア関連の書籍取扱いなど、ホスピス緩和ケアの普及と発展のために励んで参りました。
 2005(平成17)年3月には、栄光ホスピス研究会を発展的に解消し、より公共性・公益性の高い「NPO法人栄光ホスピスセンター」として再出発しました。前述のセミナー活動に加えて、新たに「グリーフカウンセリングルーム」の開設、「心のケアワークショップ」の開催、また、さらなる広報活動として、機関誌「栄光ホスピトラ」の発行などにも取り組んでおります。
 今後も、これらの活動をさらに充実させ、ホスピス緩和ケアの普及と発展のために励んで参りたいと存じます。今後とも宜しくお願い申し上げます。

更新情報・おしらせ